近畿大学医学部附属病院

近畿大学医学部附属病院(大阪府大阪狭山市)は「患者本位の開かれた病院として、安全で質の高い先進医療を提供します。」という理念を掲げ、全身の小さながんの検索に有効なPET-CT装置などを率先して導入してきた病院です。
PET-CT検査に腫瘍マーカー、一般血液検査を組み合わせた「PET/CTがん検診コース」(自由診療)は98,000円(税込)、PET/CTがん検診コースに脳MRIを加えた「PET/CTがん検診脳コース」(自由診療)は160,000円(税込)で受診可能です。
その他、複数コースあります。
※2020年2月現在
近畿大学医学部附属病院へは、南海高野線「金剛駅」(大阪府大阪狭山市)、泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」からバスでアクセスできます。



近畿大学医学部附属病院概要
所在地 大阪府大阪狭山市大野東377-2
最寄駅 南海高野線 金剛駅・泉北高速鉄道 泉ヶ丘駅よりバス
休診日 日曜日・祝祭日
電話番号  072-366-0221
施設URL     近畿大学医学部附属病院URL
責任者※ 院長 東田 有智
(略歴)※ 
※出典:厚生労働省「医療情報ネット」/独自調査
PET-CT検査 情報
検査開始年月
検査機器(台数)※
検査機器(メーカー)※
検査実績
※出典:インナービジョン社「モダリティ・ナビ

関連施設

  1. 山王メディカルセンター

  2. 金沢医科大学病院

  3. 都島PET画像診断クリニック

  4. 東京ベイ先端医療・幕張クリニック

  5. 総合相模更生病院

  6. 松江市立病院

  7. 城山病院

  8. 成田記念病院

  9. 静岡徳洲会病院

広告

< 全身がん検査の前に >

特別価格で提供中